お笑い

ダウンタウンが年齢を重ねても衰えない人気の秘密とは?

投稿日:

お笑いコンビ「ダウンタウン」といえば、長年にわたってお笑い界・芸能界で活躍を続けるトップランナーですが、数十年間にわたってテレビで活躍をし続けるというのは、なかなか簡単にできることではありません。松本さん・浜田さんそれぞれネット配信の「Amazon Prime Video」への出演も始めるなど、常に時代の流れの感覚を掴み幅広い世代から支持されています。

今回はそんなダウンタウンを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

ダウンタウンのプロフィール

引用:https://girlschannel.net/topics/1186530/

 

コンビ名:ダウンタウン

コンビ結成:1982年

NSC大阪校1期生

同期:トミーズ、ハイヒール

所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

 

(左)松本 人志(まつもと ひとし)

生年月日:1963年9月8日

出身地:兵庫県尼崎市

身長:172cm

学歴:兵庫県立尼崎工業高等学校

趣味:ビリヤード

 

(右)浜田 雅功(はまだ まさとし)

生年月日:1963年5月11日

出身地:兵庫県尼崎市

身長:165cm

学歴:日生学園第二高等学校

趣味:野球、ゴルフ

 

ダウンタウンの芸歴は?

引用:https://www.excite.co.jp/news/article/Menscyzo_201503_post_9395/

松本さん・浜田さんのお二人は兵庫県尼崎市の小学校で出会い、お互い高校を卒業したタイミングで浜田さんが松本さんを誘いNSC(吉本総合芸能学院)に入学し、芸能活動を始めます。

その後は、NHK上方漫才コンテスト優秀賞や上方漫才大賞新人奨励賞などを受賞し、1987年「4時ですよーだ」(毎日放送)という平日夕方の帯番組でメインMCを務め、大阪での人気が爆発します。

引用:www.amazon.co.jp

そして満を持して東京へ進出し、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日本テレビ系)や「ダウンタウンのごっつええ感じ」(フジテレビ系)といった今でもダウンタウンの代表的となる番組が始まり、一気に全国区での人気者となります。

東京進出直後には知名度が無く、思ったように受け入れられない時期もあったそうですが、それでもこれだけのスピードでスターダムにのし上がり、今現在も一線で活躍し続けるお笑い芸人というのは、後にも先にもダウンタウンだけと言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

 

ダウンタウンの未来は?

そんな現役バリバリの2人ですが、今のテレビは飽和状態。

そして、コンプライアンス問題で規制が多い。と、テレビでの活動は難しいと考えています。

そんな中、ネット配信ではテレビでできないことができる!と2人も意欲的。

お笑いで規制がかかる世の中って、芸人さんたちは生き抜くのが難しいですよね。

 

ダウンタウン松本のこれからは?ネット配信の世界へ進出!

2013年からは「ワイドナショー」(フジテレビ系)でコメンテーター役を務めるなど、常に新しいことに挑戦を続ける松本さんですが、2016年にはネット動画配信サービスの「Amazon Prime Video」オリジナル作品として「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」が配信され、若者を中心に人気を集めます。

 

お笑い芸人同士が笑わせ合い、最後まで笑わず残った人が1000万円を獲得できるというシンプルな企画ですが、2019年にはシーズン7が配信されるなど人気の企画となっています。

 

他にも、2014年からは大阪ローカル番組の「松本家の休日」(朝日放送)で町ブラロケを行うなど、常に新しい企画へ挑戦をしています。

 

 

ダウンタウン浜田のこれからは?ピンでの活動も絶好調!

 

浜田さんと言えば、お笑い界だけではく芸能界の名MCとしてそのポジションを確立しています。2019年現在コンビとしてダウンタウンで4本のテレビレギュラー番組を持ちながら、浜田さん1人でも5本のレギュラー番組を持ち、人気が衰えることはありません。

特に「プレバト!!」(毎日放送)やお正月に放送される「芸能人格付けチェック」(朝日放送)は高視聴率番組となっており、浜田さんの鋭いツッコミが多くの笑いを生み出しています。

また、「Amazon Prime Video」では「戦闘車」という番組に出演しており、2018年に配信されたシーズン2ではナインティナイン矢部さんとの貴重な共演が見られます。

スポンサーリンク

 

さいごに

年齢を重ね時代が変わっていく中でも、人気が衰えるどころか新たに若者の心も掴み、活躍を続けるダウンタウンのお二人ですが、若手や中堅の芸人さんにとっては、「いつまで活躍を続けるのか」という呟きもあるかもしれません(笑)。

それでも、松本さん・浜田さんともに後輩芸人と公私ともに積極的に関わりを持ち、そんな気配りができる一面が芸人界でトップを走る秘訣なのでしょう。

個人的には今のダウンタウンの漫才も見ることができたらいいなと思いますが、常に新しい取り組みを続けるお二人なので、いつか実現する日が来るかもしれません。

これからのダウンタウンの活動が楽しみです!

スポンサーリンク

☆次に見てほしい記事はこちら☆ 

尼神インター渚がかみついた大先輩の反応は?ヤンキーの過去と大工の経歴がカッコいい!

-お笑い

Copyright© 芸人新聞社 , 2019 All Rights Reserved.