お笑い

和牛水田の性格が災い?クレームと謹慎した理由は?

更新日:

 

M-1グランプリ2016、M-1グランプリ2017と2年連続で準優勝した『和牛』

今、吉本の中で『最もチケットが取れない芸人』と言われています。

そんな人気絶頂の『和牛』のお二人。

先日、『踊る!さんま御殿!!』へのテレビ出演がありました。

そこで、水田さんが語った『飲食店のクレーム』エピソード。

放送後、「正論か否か」と話題に!

ガミイ記者
クレームに賛否両論ね
パム記者
え?何があったの?

一体水田さんのテレビで話したエピソードとはどのようなものだったのでしょうか?

調べてみました!

 

和牛水田のプロフィール

本名:水田 信二(みずた しんじ)

生年月日:1980年4月15日

出身地:愛媛県 伊予市

大阪NSC26期生

同期:かまいたち・天竺鼠・藤崎マーケット

結成日:2006年12月

所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

学歴:愛媛県立伊予高等学校卒業
   神戸国際調理師専門学校卒業

趣味特技:料理

 

和牛水田の『飲食店クレーム』のエピソードとは?

先日水田さんが、テレビで話した『飲食店のクレーム』のエピソード。

ネットでは、さまざまな意見が出ているようです。

話題となっている『飲食店のクレーム』とはどのような話なのでしょうか?

 

テレビのコーナーのタイトルは『最近ムカついたこと』

ある日水田さんは、後輩芸人とランチに行きました。

そして後輩はパスタ、水田さんは鳥の焼いた料理を注文。

5分後、後輩のパスタが運ばれてきます。

しかし、その後5分たっても水田さんの料理が運ばれてきません。

そこで「なぜランチなのに、料理を一緒に持ってこないのか」と店員を呼ぶ。

店員が「あと7分かかる」と言ったので、水田さんはストップウォッチではかります。

編集長
料理人のサガね・・・

ところが12分たっても、料理が運ばれてこない。

そこで水田さんは料理を食べずに、お金だけ払って帰ることにしました。

お店側は、「お代は結構です」と言いましたが、水田さんは

「お金を払うとお店が反省するから」

とお金を払って帰りました。

料理人なら

「提供のタイミングを合わせて料理を作れ」

というのが水田さんの言い分でした。

 

スタジオではかなりドン引きの様子。

ところが放送後ネットでは「正論!」という意見が意外と多かったのです。

パム記者
待たされた人の気持ちだな!

水田さんは、以前大阪の和食店と神戸の有名な洋食店で7年も働いていたという元プロの料理人

プロの料理人ゆえに、ダメなところがわかってしまうんですね。

しかし、ストップウォッチではかるのは・・・ちょっと怖いです。

ガミイ記者
目つきもシビアだったに違いない

でもきっと、後輩を待たせるのが申し訳ないという水田さんの優しさもあるような気がしますね。

 

和牛水田ってもしかして性格悪い?

『和牛』のネタで有名なのが、へりくつ漫才

このネタを見た人は、「水田さんって性格が悪いの?」と思う方も多いようです。

でも、実は水田さんは『性格が悪い』のではなく、

『性格がとても細かい』

というのが正しいようです。

しかも、思ったことをすぐ口に出してしまう。

『へりくつ漫才』は水田さんのその細かい性格をいかして作ってるんですね。

先ほどの『飲食店のクレーム』の話でも分かるように、とにかく細かい性格!

色々と調べてみましたが、実際『性格が悪い!』という情報は出てきませんでした。

どんなところが細かい?

例えば、向かいに座っている相方川西さんのストローが自分の方に向いているだけで指摘したそうです。

ガミイ記者
なんですって?!

えぇ!ストローが向いてるだけで!?と思いませんか?

本当に細かい人なんですね。

また家に人を入れる時は、足の裏を拭いてもらうなど、やや潔癖ぽいところも。

ちょっとでも、はだしで土足の部分に降りた場合は

、畳に戻ることを許してもらえないとか。

これらのことがあって、芸人仲間からは、ちょっと要注意人物みたいです。

実は謹慎になった過去が・・・

そんな細かい水田さんですが、実は以前謹慎になったことがあるようです。

その理由は、『遅刻』

お笑いライブに遅刻をしてしまい、50日間の謹慎処分

ん~色々細かいのに、時間には細かくない。

パム記者
芸人にとって遅刻は命取り!

水田さん、そこは細かくいかないと!ですね。

まとめ

  • 飲食店のクレームは「水田さん正論!」という意見がじわじわ増えている。
  • 水田さんは『性格が悪い人』というか、『とにかく細かい人』
  • そして、思っていることをすぐ口に出してしまう。
  • よって芸人仲間からは、ちょっと要注意人物。
  • そして時間には少しルーズ。

 

以上が、今回のまとめです。

 

M-1グランプリ2017で、かなり高い評価を受けた『和牛』

上沼恵美子さんにいたっては「(優勝は)完全に和牛でしたよ。確実に。」とまで言っています。

しかもなんと、3回戦から決勝2本目のネタまで、全て違うネタだったのは唯一『和牛』のみ。

『和牛』の底力のすごさを感じました。

『和牛』は、いつか必ず優勝するのではないでしょうか?

その日が今からとても楽しみですね!

☆次に見てほしい記事はこちら☆
↓↓↓
アキナ秋山にタトゥー疑惑!私服はこのブランド♪

アインシュタイン河井の壮絶な過去に涙

相方川西さんの実家はどこ??

 

-お笑い

Copyright© 芸人新聞社 , 2018 All Rights Reserved.