2018ブレイクしそうな芸人 お笑い

濱田祐太郎は吉本初盲目の漫談家!お笑い芸人を目指した理由がスゴイ!

更新日:

引用:https://news.walkerplus.com/article/137149/image770393.html

R-1ぐらんぷり2018にも出場されたことで一躍脚光を浴びた、濱田祐太郎さん。

盲目の漫談家として舞台に立たれています。

編集長
なんと!
ガミイ記者
気になるわね。

濱田祐太郎さんがなぜ、芸人になったのか気になりますよね。

スポンサーリンク

 

濱田祐太郎のプロフィール

本名:濱田 祐太郎(はまだ ゆうたろう)

生年月日:1989年9月8日

出身地:兵庫県神戸市

NSC大阪校35期生

同期:ゆりやんレトリィバァ

所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

資格:あんまマッサージ指圧師 鍼灸師

特技:自分の好みに合わせてちょうどいい固さでお米を炊けること

趣味:フォークギター、アコースティックギター、フィンガーピッキング、大食い

 

濱田祐太郎さんは、吉本初の盲目の漫談家として活動されています。

それなのに、趣味がギターなんですよ!

フィンガーピッキングとは、

フィンガー・ピッキング(Finger picking)とは、ギターなどの撥弦楽器を、ピックなどを使わず、指先と爪を使って弾(はじ)き演奏する奏法。指弾き。出典:Wikipedia

 

音楽の才能があるんですね!

指先が器用だから、お米も好きに炊けるのかしら?

濱田祐太郎の視力はどのくらい?

濱田祐太郎さんの目は生まれつき左目は見えないそうで、右目は明暗のみ判別できる程度だそうです。

 

先天性緑内障という病気なんです。
これは障害者等級1級に値します。

 

きびしいハンデですよね。

1級であれば、医療費の助成や税金など軽減されます。

 

また、公共料金の割引など生活の助成など国から援助がうけられます。

 

社会とつながりが持てるような仕組みになっているんですね。

 

濱田祐太郎さんは白杖をつき生活をされています。

 

舞台の上ではマイクの位置まで付きそってもらい、終わるとまた付き添われ舞台袖に行かれます。

 

やはり、誰かのサポートが必要なので大変でしょうが彼にとっては普通のことなんでしょうね。

スポンサーリンク

 

濱田祐太郎のネタは? 

バリアフリー漫談と呼ばれています。

自身のハンデを、自虐を交えて笑いに変えているんです。

 

「28年、目の見えない生活をしているのを知っているのに、母親が俺と話しているときに大事なポイントでジェスチャーをしてきた」

「生活で困ることは自動販売機。見えないから、神頼みしかない。こないだは冷たいコーヒーを飲みたかったけど、温かいのが出てきて。飲んだらおしるこだった…」

 

これらのネタは、生まれてきてからの人生を視覚障碍者として過ごした実体験を元に作られています。

 

このネタなんですが、障害をテーマにしているので実は賛否両論なんですよね。

 

 

お笑いには今までなかったタイプですね。

濱田祐太郎さんは目が見えないことを漫談にしていますが、笑っていいのかさすがに聞く方も思ってしまうと思います。

 

でも私は、ご本人が決めたことなので何を言われようとこの道を突き進んでほしいです!!

濱田祐太郎はなぜ吉本に?

濱田祐太郎さんは小学校の頃からお笑いに興味を持ち、はまったそうです。

 

当時好きだったお笑い芸人は、
リガネロック」

「ビッキーズ」

この2コンビは現在解散されています。

元ビッキーズのすっちーは現在吉本新喜劇で大活躍されていますよね!

そのお笑い好きは日に増して思いが強くなり、中学生になると、

「外で走ったりすることは難しい。将来は舞台で人を笑わせたい」

と思うようになったそうです。

両親に心配をかけまいと、盲学校でマッサージ師と鍼灸師の資格を取り、まず両親を安心させました。

ガミイ記者
えらい!!!
パム記者
とても親孝行な人!

そして、2012年にNSCに入学しました。

NSC35期生の同期は、ゆりやんレトリィバァガンバレルーヤ。

入学の際に、吉本からはこう言われたそうです。

「吉本には目が見えない芸人はいないし、サポートは難しい」

濱田祐太郎さんも不安いっぱいだったでしょうね。

 

でも、舞台で人を笑わせたいという気持ちが皆に伝わり、サポートも受け今は立派な漫談家になられたと思います。

 

「見えないからお客さんの声しか分からない。笑いがないと不安になるけれど、お客さんがいないと思ってやる」

 

すごい!

かなりの努力家です。

まとめ

濱田祐太郎さんは生まれ持ったハンデをもろともせず、お笑いを通して障害を伝えています。

 

聞く人の心にしみる、そんな漫談家になっていくと思います!

 

  • 生まれつき目がみえない
  • 自身の経験をネタにした、バリアフリー漫談をしている
  • 根っからのお笑い好きが高じて漫談家になった

「お笑いしかなかった。とにかく芸人になりたかった。お笑い芸人としてしっかり生活していくことが目標です!」

ますます応援したくなりました。

これからの活躍が楽しみです!

☆次に見てほしい記事はこちら☆
↓↓↓

溝口幸雄は濱田祐太郎をサポートしていた芸人!元相方?プロフィールは?

スポンサーリンク

 

-2018ブレイクしそうな芸人, お笑い

Copyright© 芸人新聞社 , 2018 All Rights Reserved.