お笑い

西川忠志真面目過ぎてアウト!?父親ゆずりの誠実さ!

更新日:

編集長
あら、いい男。好きなタイプ!
ガミイ記者
バードさんのタイプって、いっぱいいるね。。

 

【浪花のプリンス】と呼ばれていた西川忠志さん

誠実さとクソ真面目だから、浮世離れした発言が世間にうけていますね。

西川忠志さんはなぜそんなにおもしろいの?!

スポンサーリンク

西川忠志プロフィール

西川 忠志(にしかわ ただし)

生年月日:1968年4月20日

西川家の長男

両親:西川きよし・ヘレン

弟:西川弘志 

妹:西川かの子

1988年から俳優業として活動

2009年吉本興行に移籍、吉本新喜劇に入団

 

西川忠志誠実さは父親譲り

見るからして、好青年。

クソ真面目・誠実・純粋

父のきよしさんの印象とほんと、同じ!

忠志さんはきよしさんの息子だって、誰にでもわかるくらい血が濃い!

 

遺伝は生理学上父と母1:1だそうよ。

ガミイ記者
あのギョロ目はきよし👀
パム記者
すらっとしたたたずまいや鼻筋はヘレンかな!
編集長
でも、きよしの血が80%占めているわね。

 

西川忠志なぜ俳優をやめてまで吉本に?

両親がお笑い界のトップスターだったがために
甘やかされて育った超ボンボン!

そのボンボン故の浮世離れした発言が爆発事故になり
個性キャラを醸し出している。

そんな忠志さんは昔から俳優業に憧れていたそう。

そうそう!確かに、吉本新喜劇に入団するまではちょい役ですがお見かけしたのよ!

ガミイ記者
そうね!冴えない役だったけど印象に残ってるわ!
パム記者
ドラマでも真面目な役が多かったみたい。

 

 

忠志さんは、

「コメディや喜劇の勉強を出来る世界が身近にある!」

と気づいた時に、父の存在が大きかったのね。

早々にきよしさんに相談し、事務所にも相談した結果、吉本に入りことになったんですね。

とても努力家!
ただの親の七光りだけではこうならないはず。

 

西川忠志を救った言葉

俳優業から父がいるお笑いの世界に飛び込んできた忠志さん。

だからと言って、簡単にはスタートできません。

その時に忠志さんはこのような言葉をかけられたそうです。


「明日が初舞台と思ってるでしょうけど、私があなたを身ごもった時、一緒に舞台に立っていたから、明日が初舞台じゃないのよ。安心して行きなさい」
とお守りの言葉をもらって、初舞台を務められました。

 

吉本新喜劇内場座長からも
「無理して笑いを作るより、今まで経験してきたことをきちんと出していけば、それでいいから」
と言っていただきました。

 

ある時、他の舞台からも声をかけていただいて、藤山直美さんとご一緒した折、何気なく
「忠志君、自然と舞台にいるね」
という言葉をかけてくださったんです。

 

とくに母ですかね、
「ほんとにあなたは人様に助けられてるね。もっとそれを感謝しいや」
というようなことをいつも言われますし、自分でもそう思います。

このような言葉をかけられるって、ほんと好青年なんでしょうね。

また、環境が忠志さんという人を真面目にさせるのかもしれません。!

☆次に見てほしい記事はこちら☆
↓↓↓
松浦真也のギターはギブソン!お値段は・・・

 

-お笑い

Copyright© 芸人新聞社 , 2018 All Rights Reserved.