吉本新喜劇

吉本新喜劇のテーマ曲を口ずさめますか?

更新日:

 

2016-10-16-20-25-12

 

♪ホンワカパッパ~ ホンワカ ホンワカ ホンワカパッパッパ~♪♪♪

パム記者
お?新喜劇はじまったんか?
111

ガミイ記者
違うわよ。今日はこのテーマ曲を調べてきたの!
パム記者
ホンワカパッパ~♪

関西では知らない人がいないであろう、この曲。

おなじみ、吉本新喜劇のオープニングテーマ曲。
誰が作って、なぜこの曲になったのでしょうか??

関西人にとって、なじみのあるこの曲。

ついつい口ずさんでしまいますよね (^_-)-☆

この曲の由来をしらべてみました!

スポンサーリンク

吉本新喜劇のテーマ曲

この曲は、かつてテレビで放送されていた花月中継のオープニング曲でした。
当時はテレビ放送と、舞台なんばグランド花月(NGK)と曲を分けていたそうです。

あまりにも頭に残るのでみんな、新喜劇=この曲 と認識されていったそうです。

そしてこの曲は、なんとジャズナンバーなんです。

「Somebody Stole My Gal」

1918年作 レオ・ウッド(Leo Wood) 

という音楽作曲家の曲が原案なんです。

吉本のオリジナル曲だと思ってました!! (*´Д`)

原案ってことは、これを元にアレンジしたんですよね。

ジャズアレンジさせたのがこの方、

トロンボーン奏者 ピー・ウィー・ハント(Pee Wee Hunt)。

このリズムが心地いいですよね (^_-)-☆

吉本新喜劇のテーマ曲がなぜ頭に残るのか?

音は、記憶を呼び戻す 

ことがとても強いんです。

脳科学的に、聴覚からの刺激は大脳辺緑系に伝わることが証明されており、
記憶を司る海馬への刺激も多い。

つまり、その時間、その場所で起こった出来事、空気、感情、聴いた音、すべて含めて記憶として定着させます。

音楽を聴くと、当時の思い出が一瞬のうちによみがえるという現象がが起こるのは人間の特性ですね。

ちなみにお笑いも同じく、笑うことで色んな感情を記憶し、さらにストレス発散といった良い効果も期待できます。

阪神タイガースの「六甲おろし」も関西人になじみある曲。

六甲おろし=阪神タイガース

と同じように、この曲を聴けば、新喜劇!! と思いだしますね。

音とお笑いの浸透率はすごいですね。

編集長
このリズム感はなんだかウキウキするわね。

吉本新喜劇のこけら落とし

♪チャララチャッチャラ チャララチャッチャラ チャララチャッチャララ!♪♪♪

このテーマ曲が1963年ごろから吉本新喜劇のテーマ曲につかわれているなんて、
歴史がありますよね。

なんばグランド花月(NGK)は、大阪ミナミのど真ん中にあります。一度は行ってみる価値アリですよ!

このNGK、ダウンタウンがこけら落としのCMを務めたそうです。

なんと!ダウンタウンがCMしてたんですね!(*_*) 

私は小学生の頃やっていた、「4時ですよ~だ」を見るためにダッシュで帰った記憶があります。

これも、観客みんなで「4時ですよ~~~~だ!!!」と叫ぶんです。
普通の言い方ではないのです。

「関西電気保安協会」みたいな言い回しではないですが、、、

イントネーションは、是非この世代の関西人に聞いてみてください♡

 

-吉本新喜劇
-

Copyright© 芸人新聞社 , 2019 All Rights Reserved.